さぬき高松まつり開幕!

   

50年の節目となる今年のさぬき高松まつりが8月12日から3日間に渡って開催されます。

12日には、中央公園の特設ステージにて、古くから伝わる盆踊り唄「正調一合まいた」の輪踊りやカラオケ選手権を始め、リズムネタで大ブレークした「8.6秒バズーカー」も登場します。

13日には、人気の女性アイドルグループ「でんぱ組.inc」のライブや、「Wエンジン」と高松市出身の吉田幸一さんのお笑いコンビ「ケチン・ダ・コチン」によるライブも催され、ライブやお笑いなどの多彩な催しが繰り広げられます。

また、13日は午後8時から「麗しの高松 夢海廊」をテーマに四国最大級、過去最多の1万2000発の花火が夜空を彩ります。

最終日の14日は、55連約3500人が出場する総おどりがフィナーレを飾ります。

開催50回を記念して、中央商店街3ヶ所に特設ステージが設置され、交流都市の彦根、水戸、金沢から「ひこにゃん」などのご当地ゆるキャラも登場し、祭りムードを盛り上げてくれます。

 

※雨天の場合

12,13日が雨天の場合、ステージイベントは一部内容を変更して実施します。

13日の花火大会は、15日に延期されます。

14日の総おどりは、15日に延期されます。

ただし、13,14の両日、13,15の両日が雨天となった場合、花火大会は中止です。

 

※交通規制や立入禁止にご注意ください。

花火大会のある13日は、午後6時から10時までサンポート高松や朝日新町F地区などで交通規制や一部地区への立入禁止が行われます。

サンポート高松では、車道の大半を歩行者専用とし、車両は通行止めとなります。

北側の沖合は危険海域に指定しており、小型船舶の侵入は禁止です。

新北町、瀬戸内町の北側海岸沿いも一方通行や駐車禁止となります。

 

(出典:四国新聞2015.08.12)

 - 香川のニュース・イベント