最大の難関「論文試験」…私が弁護士になるまで6

      2017/03/30

司法試験の最大難関とされていたのは毎年7月の論文試験でした。

2万人~3万人の短答試験受験者のなかから論文試験まで進むのは毎年2千人程度でした。

当時の論文試験は,憲法,民法,商法,訴訟法,法律選択,の6科目でした。

1科目あたり制限時間2時間以内に論文を2本書上げるため,6科目では,12本の論文です。

1本の論文は400字詰めの原稿用紙で10枚程度ですので,6科目12本の論文だと原稿用紙120枚,約5万字となります。

さすがに1日で書くのは無理なので,3日に分けて試験がおこなわれます。

論文試験の印象は「とにかく体力がものを言う」ということでした。

頭ではなく,カラダを使う試験です。なにしろ筆記用具は万年筆かボールペンに限定されていますので,全て手書きで,400字詰め原稿用紙10枚を1時間で書きます。

考えている時間がありません。最初の10分で,なにを書くかを決めて,あとの50分間は,ひたすら力の限りに文字を書き続けるという試験でした。

 - 弁護士の横顔, 私が弁護士になるまで