司法試験合格…私が弁護士になるまで7

      2017/07/26

平成10年10月に論文試験の合格発表がありました。

当時通っていた司法試験予備校の「早稲田セミナー」の掲示板で,自分の名前を合格者欄に確認したときは,感動というよりは,ホッとした,というのが実感でした。
他の合格者の感想で共通していたのは「もう司法試験の受験勉強をしなくていいというのが,なによりも嬉しかった」ということでした。
もちろん,弁護士は一生ずっと勉強が必要ですが,司法試験の受験勉強は,いつ終わるかわからず,気持ちが不安定です。

また,勉強の内容が,同じ分野の知識を磨いていく作業であって,目新しさがないので,けっして楽しくはない時間です。

 

 

黙々と基本書を読んだり答案を書いたりする作業であって,他人と話す機会が極端に減少しますので,気持ち的に陰々滅々とすることが多いのです。
人によっては

「今月,他人と会話したのは,コンビニの店員さんだけだった」

という受験生もいるわけです。

 

ですので,「もう司法試験の受験勉強をしなくていい」という言葉には,独特の重みがあります

 

。平成10年に最終合格後,翌年の平成11年4月に司法研修所に入所するのですが,とても驚くことがいろいろとありました… (続く)

 - 弁護士の横顔, 私が弁護士になるまで