吉田泰郎法律事務所 吉田泰郎法律事務所
トップページ > 法律情報 > 警備委託契約書

法律情報

法律情報

このページはリンクフリーです。このページの書式は自由に加工・改変してかまいません。ただし、この書式を利用した結果発生した全ての損害について当事務所は全く責任を負いません。

Wordファイルのダウンロード
(このサイトの文書がWordファイルでダウンロードできます)

警備委託契約書

○○○○(以下「甲」という)と○○○○(以下「乙」という)とは、施設及び動産の警備に関して、次の通り契約する。

第1条(契約の成立)甲は、乙に対し、甲の所有にかかる別紙目録記載の施設及び動産(以下「本施設等」という)の警備を委託し、乙はこれを承諾した。


第2条(警備内容)乙は、本施設等につき、火災及び盗難等の犯罪その他の不法行為の被害を予防し、安全を確保するため、別紙警備細目に従って、警備を行うものとする。


第3条(報告義務)乙は、甲に対し、別紙書式により、各月の警備の経過を、翌月5日までに報告する。


第4条(警備委託代金)甲は、乙に対し、警備委託代金を、別紙覚書に定める通り支払う。


第5条(秘密保持義務)乙は、警備業務遂行上、乙において覚知した甲の業務内容等について、第三者に漏洩してはならない。


第6条(損害賠償義務)乙は、警備業務遂行上、甲に損害を与えた場合は、速やかに甲に報告するとともに、甲に対し損害を賠償するものとする。


第7条(契約期間)本契約期間は、平成○○年○○月○○日までとする。


ただし、同期間終了の1ヶ月前までに、延長しないという申入が甲乙いずれからもない場合は、本契約は、自動的に○年間延長されるものとし、以後も同様とする。

上記契約の成立を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙各1通を保有するものとする。

平成○○年○○月○○日

住所
甲 ○○○○ 印
住所
乙 ○○○○ 印

吉田泰郎法律事務所

ご案内メニュー

ページの先頭へ
Copyright©2013 Yoshida Yasuro Law office.ALL RIGHTS RESERVED.