運営元をチェックしよう

運営者情報

このサイトを作るにあたって

弁護士 吉田泰郎吉田泰郎 写真

私は弁護士の吉田泰郎です。

私は司法修習第53期です。

新しく司法修習生になる方の共通の疑問である
「司法修習って、いったい、どういうことをするのか?」
ということについて、くわしく説明したサイトを作りました。

65期司法修習生をはじめとして,実際の司法修習を体験した方に協力していただき、実際の体験を、あますところなく語っていただきました。
新ページ「司法修習の終わり」を追加しました(クリック)。

新コーナー,弁護修習での「みるべきポイント」を追加しました(クリック)。

新ページ「貸与制を受けるか?」を追加しました(クリック)。



65期の体験であり、また、西日本での体験であるため、他の地域の方とは若干異なる部分もあるかもしれませんが、90パーセント以上は、みなさん全員と共通するものがあると思います。

現在のところ、弁護士の業界には、逆風が吹いています。
また、その逆風は、これから弁護士になろうとしている新人の方に、もっとも強く影響していると思います。

法曹界、教育界の、誤った認識にもとづいた、誤った政策が、いまの弁護士を不幸にしています。

しかし、一方で、「環境が悪い」「制度が悪い」と、周囲の悪口ばかりを言うような人間であってもいけません。

強い人間は、過去や運命を嘆かないものです。

いつの時代でも、成功する人間というものは、状況が不利であったり、環境が悪くても、隠忍自重し、情報を収集し、対策をたて、逆転のチャンスをうかがってきました。

「運命の女神には前髪しかない」
とは、まさに、不遇の時代にあっても用意周到に準備をしている人間だけが、チャンスをものにできる、という意味です。

運命を受け止める器のない人間は、目の前を運命が素通りしていっても気づかないのです。

このサイトを熟読することで、予備知識を得て、みなさんが、逆風のなか、それぞれの成功をおさめることを期待するものです。

いいね,してください。

次ページへ : 修習の事前準備