HOME > 就活マニュアル > 就職活動の基礎知識
就活活動マニュアルを作った弁護士の事務所をチェックしよう。


運営者情報

グループ面接必勝法


なぜグループ面接に勝利するためには、
そもそも、なぜグループ面接をするのか、ということを考えないといけない。
グループ面接をするには、消極的な理由と、積極的な理由がある。

消極的な理由
グループ面接は、個別面接の足切りとしておこなう。
個別面接まですすむ人数を時間をかけずに絞り込む、という消極的な意味合いがある。

積極的な理由
では、グループ面接は、個別面接のたんなる劣化バージョンなのか?というと、必ずしもそうではないのだ。
吉田のように、できる面接官は、グループ面接をおこなう積極的な理由を考えているのだ。
グループ面接でないとできないことは、次の2点である。
他の修習生が話しているときの態度を見る
・修習生同士でディスカッションしてもらう

 

他の修習生が話しているときの態度
じつは、グループ面接をする理由の半分は、他の修習生が話しているときの態度を見ることにある。
採用側が、今話している修習生しか見ていないと思うと、つい無防備な状態の自分の内心をさらけ出してしまうのだ。
とくに採用側が複数いる場合には、一人が質問をしている間、他の人は「自分の話す番ではない状態の修習生の態度」をかなり入念にチェックしている。
賢い修習生ならば、自分で「なぜグループ面接というものが存在するのであろうか」という本質論から考えて「グループ面接でないと出来ないことがあるからではないだろうか?」というところまで考えが及ぶものだ。
そういうふうに、自分で物事を考えることのできる人間こそ、優秀というのである。
パーな修習生の場合には、吉田が親切に教えてあげているのに
「それは吉田氏の独自の考えであって、今回受けるグループ面接も同じとは限らない」
などと、自分にとって都合の良い理屈をつけて信じないようだ…

×…他の修習生の話を、いらいらしているような表情をしているとマイナス
忍耐力がなく、常に自分が中心でないと気がすまない性格だと思われる


×…他の修習生の話に対して無関心な表情をしているとマイナス
他人のことに興味がない消極的な性格だと思われる


×…あくびをしているとか、よそ見をしているとか、不真面目な態度だとマイナス
他人のことを下に見ていて、どうでもよいと思っていると見なされる

◯…他の修習生の話に合わせて、あいづちを打っているとプラス評価
他人の話をちゃんと聞いている性格だと思われる。


◯…他の修習生の話を聞いていて楽しそうとか、興味深そうな表情をしているとプラス評価
他者に対する関心がある積極的な人だと解釈される

 

グループディスカッション
面接官がみているのはディスカッションの結論ではない
明らかにディスカッションの過程である。
面接時と違って、相手が同じ修習生の場合、わりと地が出てしまう
嫌われる態度
・安易に他の人の発言を否定する
・大声を出すなど攻撃的な態度を示す
・ディスカッションに積極的に参加せず沈黙している
・あくびをする、頬杖をつくなど不真面目な態度をとる

理由 弁護士の仕事の半分以上は「聞く」ことです。他人の話をちゃんと聞ける人間なのかどうか、は、とても大事なことです。
経験のある弁護士ならば、自分の性格と切り離して「聞く訓練」が自然と出来ているものですが、若い人の場合、「聞き方の授業」というものがないため、自分の性格がモロに出てしまうのです。
言うまでもなく、コミュニケーション能力は「話す」だけではなく「聞く」能力が必要なのです。
ディスカッションでは「何を話しているか」も大事ですが「他人の話をちゃんと聞いているか」ということも同じくらいに大事なのです。

好まれる態度
・ディスカッションの交通整理をして、司会進行役をする
・他の修習生の話を理解してその上に議論を展開する
・他の修習生の話を興味深く聞いている
・楽しそうにしている

理由 ディスカッションのテーマは、
・価値観や考え方によって結論が異なるもの
・複雑怪奇な案件に関するもの
・抽象的なテーマであって、どう議論していいのかよくわからないもの
のようなものが与えられることが多いです。
少なくとも、1+1=2のような、単純に結論だけそれぞれが言って終わり、ということにはなりません。

こういう、どうやったらよいのかよくわからないディスカッションこそ、
ディスカッションの細かい中身にすぐに飛びつくよりも、
「結論を出すためには、①②③④という4つの議論をおこなう過程が必要だ。では、まず①から検討しようか」
というような、ディスカッション全体を把握したうえで、ディスカッションの司会役ができる人が必要です。
こういう役割を自然とできる人が、真に優秀と言われる人なのです。
いきなりのディスカッションでも司会役がつとまるのは、一つレベルが突き抜けた知性があると言えます。
もっとも、そこまでできる人を期待するのは難しいところなので、通常は、他の修習生の議論をちゃんと聞いたうえで、理論展開ができるとか、
反論をするときでも、無下に否定するのではなく、やわらかく相手も同意せざるをえないように話をもっていく、他人の話に対して興味関心をもって聞いている、というようなレベルでもOKです。

どうでしょうか。
グループディスカッションと言うと、なんだか難しそうですが、平たく言えば「ワイガヤ」というやつです。
昔、日本の高度成長期のころには、いろんな会社で、問題が発生するたびに、現場で人間が集まってきて「ワイワイガヤガヤ」と話し合ったものなのです。
そういう現場の「ワイガヤ」を仕切れるのが実力のある人であり、人望がある人、ということになったのです。

法律事務所にかぎらず、どんな会社でも働き出せば、未知の問題に対して現場の「ワイガヤ」が発生します。
その意味では、未知の問題に対して現場の「ワイガヤ」をまとめる能力というものは、組織全体の見地からして、とても必要とするものです。